“星月夜-ほしづくよ-”

【展示のお知らせ】

“星月夜-ほしづくよ-”


出品作家

石田 典子

植松 ゆりか

大石 早矢香

中田 由絵

フジイフランソワ

Veronika Dobers

2020年 12月19日(土)-2021年 1月17日(日)

13:00 - 20:00

*1月1日は休廊


465-0024

名古屋市名東区本郷1-43

The Apartment LiF F-1

HP:http://l-gallery.jp/



「星月夜」と聞いて、星と月が出ている夜空を思い浮かべる人もいるだろう。

しかし本来、星が月のように明るく見える夜のことを指す。

陽が効力を喪い、蒼闇に包まれるからこそ星たちは瞬き、輝く。

月が姿を隠すなら、なお煌めきを増して。単なる明暗の問題ではない。

影の中でしか生まれないもの。深い森を彷徨いながらも紡がれる物語。

死すら糧に代え。

「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」

とはニーチェの言葉だが、人が目を背けたくなるものや

自らの暗部と対峙してこそ形づくられるものが、きっとあるだろう。

底知らぬ漆黒に差し伸べた手は、小さく幽かな光を掬い上げる











18回の閲覧0件のコメント
  • ブラックInstagramのアイコン
  • Black Facebook Icon