KJ_07868.JPG

       / Uematsu Yurika 

uematsu_yurika_meishi_2.png

contemporary art / ceramics artist

不完全さや罪深さを肯定し、

人間そのものの美しさや価値を見出すことをコンセプトに制作している。

主な作品に、ぬいぐるみの皮を毛皮に見立て、解体し再構成する作品や、

アイデンティティと神話をテーマにした陶磁器作品がある。

1989年  静岡県 富士市生まれ

2011年  名古屋造形大学 造形学部 美術学科 総合造形コース 卒業 

大学在学中は現代アートを学び、インスタレーション(空間そのものを作品とする表現方法)を主とし、ぬいぐるみを用いた作品「soft toys」を制作し始める。大きなサイズの作品を好んで制作し、 卒業制作では3m×2m×4m の、人間が実際に入れるサイズの覗き小屋の機能を持ったドールハウスを制作し、中でパフォーマンスを行う。

2017年  愛知県立窯業高等技術専門校 卒業

陶製人形の精巧さとひとつの人形が表現できる物語性に魅せられ、陶製技術を専門的に学ぶ。後に陶製人形の老舗で絵付け・原型の技術を磨く。

     

     愛知県瀬戸市にタネリスタジオ オープン 

友人の作家らと共に商店街の旧電気店を改装し、3人で始めたシェアスタジオ。現在では10名以上の様々なジャンルのクリエイターが各々にアトリエや事務所、カフェギャラリーなどを構える複合的なアートスタジオとなる。副代表として運営に関わっている。

2018年 陶磁器装身具「GILLREAM」の制作を開始する

現代美術作品のパーツとして制作される陶磁器アイテムを加工し、装身具として販売を開始する。